FC2ブログ

2019年 オタクイベントまとめ 第1四半期

アローラ! てゐくです。

今年から、オタクに書けと言われたので参加したオタクイベントをまとめていきます。
しかし、今年の1月〜3月はオタクイベントに行き過ぎたので、
四半期毎に書いていくことにしました。

今回は1月〜3月分の3ヶ月間に参加したイベントをまとめます。

参加イベント数: 10回
 1月: 2回
 2月: 5回
 3月: 3回

うーん行き過ぎ。でもすごく楽しかったので全く後悔してない。

じゃ、1月から。


1/12(土)
亜咲花 ミニアルバム「19BOX」発売記念イベント

2019年一発目! 
初回イベントから豪運を使ってしまい、わし今後が不安。
IMG_3165.jpg ※直筆サインCD



1/27(日)
fhána 5th Anniversary SPECIAL LIVE

fhána。人生2回目のライブです。
ヤクザとひいあを連れて、開演までスマブラしていたり、
亜咲花のイベントで知り合った人も来てて会話したりと、
ライブ以外の時間も楽しんでいた。

ライブは超欲張りセットリストで大満足。
シングル曲を全て、アルバムの収録の人気曲、そしてインディーズ時代やFLEET時代の曲・・・。
fhánaのオタク的にはCipherを拾えたことがとてもよかった。
セットリストはこちら


2/3(日)
YURiKA Cover Live 願いが叶う場所 〜Keyと私〜

追加公演のほう。1回目?はfhánaと被って萎え萎えだったけど
追加公演をしてくれて本当に本当にありがとう。

このライブに向けて、年末年始の休暇にSummer Pockets(以下サマポケ)を始めました。
プレイ済みで本当によかった。。。。。。。。

Key作品、特にCLANNADが好きなYURiKAお姉ちゃん。
トークパート?で隙あらばKey作品を語ったり、観客に語らせたり。

Key作品とYURiKAが好きな人は以下のセットリストちゃんと眺めてくれ。

【セットリスト】
01.願いが叶う場所
02.Light colors
03.My Soul,Your Beats!
04.Word of Dawn
05.灼け落ちない翼
06.鳥の詩
07.青空
08.夏影
09.紬の夏休み
10.サマーテイル
11.Last regrets
12.一番の宝物~Yui final ver.~
13.小さなてのひら
14.時を刻む唄
15.夜奏花

<アンコール>
01.だんご大家族

すごい。これ全部YURiKAが歌うんだよ。なんだこの神イベは…。

灼け落ちない翼、良かったなあ。
紬の夏休み、サマポケプレイしたての人間は確実に泣いちゃうでしょ。
CLANNADまた見たくなってきたナ…。

YURiKAとだんご大家族を一緒に歌いたいなーって願いを叶えることができた場所。
このイベント、またやってほしい。ガルデモ曲とか、CLANNAD挿入歌をもっと…!


2/5(火)
大原ゆい子 アコースティックワンマンライブ「初めて見た夢の色」

アコースティックワンマンってだけでもう楽しみがすぎていた。

2018年10月のゆい子さんのワンマンライブをきっかけにどハマりしてしまったアーティスト。
ゆい子さんのワンマンは幸せ空間です。耳がこれ以上ないってくらい幸せになれる。

今回のライブ会場がすごくお洒落散らかしていて、開演前から幸せすぎた。
ゆい子さん 

そんで、YURiKAの友情出演。


コントラバス、バイオリンの主張が強い。お洒落&幸せ空間。

サイン会にて、「ゆい子さんのライブの後は魔法仕掛けのパレード見るのオススメ」
って本人に言ったら、採用いただきました。ほんとかなぁ?
IMG_3287.jpg 


2/15(金)
new generation→ARTIST_TALK_SESSION
出演: 亜咲花、MICHI、YURiKA 
MC: 井澤美香子

出演アーティストからやばそうなイベントだって伝わってくる。準MICHI会。
そういえばMICHIちゃんとは初めましてだったね〜。

【セットリスト】
・Shiny Ray
・Open Your Eyes
・Checkmate?
・じょいふる
・Kill Me One More Time?
・BRAVE HEART EXTRA
・Butter-Fly(亜咲花、MICHI、YURiKA カバー)

アーティストの歌を聴きながら酒とつまみをいただく神イベントでした。
ついでに家虎できた。
IMG_3604.jpg 
出演アーティスト毎のおすすめメニューがあったのですが、
YURiKAおすすめがズルすぎますね。



2/16(土)
リスアニCIRCUIT Vol.08
出演: スピラ・スピカ、和島あみ、halca、亜咲花

亜咲花現場2日連続。
何気なく、複数のアーティストが出演するようなライブに赴くには初めてでした。
ついでに人生初の最前確保、スタンディングだけど。
それぞれのアーティストに感想書いていきます。

スピラ・スピカ:
幹葉かわいい。スタートダッシュしか知らなかったけど他のも曲調好き寄りで正直大満足。
じゃんけんキングがくそ楽しかったのでまたライブ行きたい。

和島あみ:
わじー。顔が好み。へそチラしててえっちだったぞ。
幻想ドライブ、永遠ループを拾えて満足。

halca:
4月末くらいから話題のhalcaちゃん。キミの隣で惚れてからちょっと気になってたので、
お会いできて良き。センチメンタルクライシス。
トークパート、ぴょこぴょこ跳ねてて可愛い。

亜咲花:
パフォーマンスだと圧倒的でした。これまで見てきたいつもの亜咲花だった。

たぶんこの辺から亜咲花に顔覚えられた。


2/22(金)
YURiKA デビュー2周年ワンマンライブ『Shiny Stage ~今年も言おう、全曲やるぞ!!~』

仕事やばくて行けん…、と諦めていたけど、これ行かないと一生後悔しそうだと思い、
チケット取りました。仕事のほうは知らない、結果的にはなんとかなったのでOK。

会場にはフォロワー何人か来ていてびっくりだった。別現場でも会おうね。

ライブ名にもある通り、YURiKAとしてリリースしている楽曲が全て
セットリストに組み込まれています。
普段なかなか聴けない、シングルのカップリング等を全て拾えてハッピー。

夜奏花&ピンクの照明で感情ぐちゃぐちゃになっちゃった…。


3/3(日)
ANIMAX MUSIX NEXTAGE
出演: halca、尾崎由香、sora tob sakana、大原ゆい子、
スペシャルゲスト: DJ和

ゆい子さんをはじめ、気になるアーティストがちょこちょこいたので申し込んだだと思う。
アニソン歌手、声優、アイドル、SSWと、何気に幅が広い。

halca:
2回目。選曲はリスアニのときと変わり映えなかったのが少々残念。
しかしQ&Aリサイタルのカバーで優勝。会場いちばん盛り上がってたのでは。
halca! halca! L・O・V・E halca! 

尾崎由香:
初めまして。全然予習してなくて地蔵に変身してた。

sora tob sakana:
初めまして。照井順政さんプロデュースということで気になってたアーティスト?アイドル?
知らない曲ばかりではあったけど、照井さんの曲だってのはすごいわかる。
顔の好みは山崎愛ちゃん。

大原ゆい子:
3回目。ハイステッパーで全力全開になった。

DJ和:
アニクラ。ゆい子さんがハイステッパーで閉めたあとに、ふたりの羽根を流すのは有能。


3/24(日)
Anime Japan 2019 (2日目)

TOHO animation RECORDS アーティスト スペシャルライブステージが目当て。
出演: YURiKA、大原ゆい子、(K)NoW_NAME

YURiKAとゆい子さんに指を差されたので勝ち(歌詞の「君」とかに合わせて指差しするやつ)。
全体的にアーティストのレベルが高く、これ無銭でいいのか? ってなった。


3/31(日)
亜咲花 1st Tour 19BOX 〜Once In a Blue Moon FMA〜 《東京》

年度末最後のオタクイベントは亜咲花で〆。
全ツアーチケット完売でスゲェ(名古屋、大阪は箱がアレだったらしい)。

開演前までずっと関係者席眺めてるオタクでごめん…。
開演中にサコッシュ壊してごめん…。

亜咲花ライブではアニソンカバーが名物(?)なのですが、
ふゆびよりカバーが素晴らしかった。




後半雑になった。6月にオタクイベントたくさんあるので楽しみ。

スポンサーサイト

平成アニソンお気に入り 後編

Otaku Advent Calender 2018 19日目の記事です。

アローラ! てゐくです。

僕は”平成最後”の言い訳を”オタクらしく”使ってみたく、
個人的お気に入りアニソンを、平成元年〜平成30年の期間で、1年毎に紹介していくものの後編です。

前編はこちら

前編では僕がまだ生きていなかったり、オタクではなかったため
選ぶ曲の候補が少ないこと多々ありました。
しかし今回は平成16年(2006年)からスタートです。
紹介したい曲が多すぎて困りました。



平成18年(2006年)

Red fraction / MELL / BLACK LAGOON


アニメより先に曲を知りました。全歌詞英語。ハァカッコイイ。
当時の僕の周りでは全然アニメオタクの文化が流行っていませんでしたが、
この年放送のアニメ一覧見てみると、メジャータイトルな作品がたくさんありますね。

平成19年(2007年)

Gun's&Roses / Paradise Lunch / バッカーノ!


インスト。かっこいい&お洒落。
初めて聴いたのはアニメのOPとしてじゃなくて、テレビか何かで聴いたような気がします。
OPのクレジットも良い、作品も大好き。レイチェルかわいいよ。
そういえばこの年に僕の周りでもオタク落ちする人が多かった、僕もその一人。

平成20年(2008年)

リフレクティア / eufonius / true tears


マクロスFとか、とらドラ!が放送された年。
CLANNADでriya、eufoniusに興味を持って、リフレクティアに辿り着きました。
アニメの曲を歌う人に興味を持ったのはこの年からかな、
2007年はアニメのストーリーを重きを置いていましたので。
eufoniusは僕の人生に結構影響を与えています。いつか生で聴きたいね。

平成21年(2009年)

明日へのキズナ / HIMEKA / 戦場のヴァルキュリア


けいおん!、レールガン放送の年。全国でオタクがめちゃくちゃ増えた年だと思います。
井上麻里奈を追ってたら戦場のヴァルキュリアという作品を知り、HIMEKAに出会いました。
しかし、彼女が活躍する場面は少なかったです。復帰してほしい・・・。

平成22年(2010年)

さくらさくら咲く  〜あの日君を待つ 空と同じで〜 / marble / ひだまりスケッチ×☆☆☆


ひだまりスケッチ見てたらかっこいい曲が流れてきて、惚れました。
この曲が好きすぎて紹介できなかったけど、ガルデモの存在は大きかった。

平成23年(2011年)

面影ワープ / nano.RIPE / 花咲くいろは


2011年はアニメ豊作の年だと認識してます。
シュタゲ、タイバニ、あの花、まどマギ、ピングドラム等。
アニメソング的には、nano.RIPEが非常に印象的でした。ズコーさんとか言われてましたね。

平成24年(2012年

楽園PROJECT / Ray / To LOVEる -とらぶる-


この年のアニソンで印象的だった、とらぶるのOP。何故かせつなくなる。
この曲を歌っているRayですが、2017年で歌手活動を終了しました。
歌手活動の5年間がすごく短く感じました。この前デビューしたばっかやん・・・みたいな。

平成25年(2013年)

七つの海よりキミの海 / 上坂すみれ / 波打際のむろみさん


上京してリアタイアニメ視聴ができるようになった年。
初リアタイアニメ視聴がむろみさん(正確にはWORKING!!の再放送なのでノーカン)だったこともあり、
とても印象に残っています。曲も曲だしすみぺだし。

平成26年(2014年)

星屑のインターリュード / fhána / 天体のメソッド


僕の中では平成のアニソンで最強です。作品も大好き。
初めて聴いたときに真っ先に作曲誰か調べてました。そしてこれがfhánaとの出会い。
天体のメソッドは僕の人生に多大な影響を与えました。
fhánaと出会ったから、オタクイベントに足を運ぶようになってしまった。

合わせて聴きたい。

 
平成27年(2015年)

Stella-rium / 鹿乃 / 放課後のプレアデス


歌い手がメジャーデビューして、アニメの曲を歌うっていうのも、
この年には普通に見かけるようになりました。歌い手上がりの歌手、僕は好きですよ。
放課後のプレアデス、すごい作品でした。おすすめです。

平成28年(2016年)

DREAM×SCRAMBLE! / AiRI / 競女!!!!!!!!


AiRI。
全力でバカをやる作品だったけど、曲は素直に大好きです。
友達の家僕の家で集まって見てた頃が懐かしいですね。

平成29年(2017年)

MIND CONDUCTOR / YURiKA / リトルウィッチアカデミア

この年は個人的にアニメもアニソンも大豊作。この年から1つだけ選べってのが無理。。。
色々曲紹介したいところですが、ここは僕の趣味を押し通すことにします。
リトアカ!YURiKAお姉ちゃん!好きが詰まっている・・・。
YURiKAお姉ちゃんがこの曲を歌う時、Take Action! Raise your hands!の部分を
英語が苦手だから(?)客席に任せるって言ってました。

平成30年(2018年)

SHINY DAYS / 亜咲花 / ゆるキャン△


満を持して、になるのでしょうか。
亜咲花お姉ちゃんのアニソン人生を大きく変えた1曲(本人談)。
間違いなく今年一番聴いた曲です。
今年は会社の同期より亜咲花お姉ちゃんに会った数のほうが多い気がしました。

合わせて聴きたい。




以上で曲紹介を終わります。30曲分もリンク貼り付けるのは流石に疲れました。
年毎に、どの曲貼ろうかな〜と悩む時間は楽しかったです。


平成31年は一応存在するので、忘れてなければやっていこうと思います。




平成アニソンお気に入り 前編


Otaku Advent Calender 2018 18日目の記事です。

アローラ! てゐくです。

世間では平成最後を言い訳にやりたい放題な感じがしています。
僕は”平成最後”の言い訳を”オタクらしく”使ってみたく、こんな記事を書いてしまいました。

2019年4月30日までは平成とのことですが、
個人的お気に入りアニソンを、平成元年〜平成30年の期間で、1年毎に紹介していこうと思います。


平成元年(1889年)

優しさに包まれたなら / 荒井由実 /  魔女の宅急便


この年は生きてないから平成元年のアニソン事情なんて知るわけがない。

「1889年 アニメ」で検索して出てきたものを適当に貼り付けました。

魔女宅が平成元年公開なこと、この曲自体が昭和にリリースされていたことを

調べるまで知りませんでした。昭和の曲を貼ってしまうガバっぷり。


平成2年 (1990年)


ブルーウォーター / 森川美穂/ 不思議の海のナディア 



前世でよく聴いていた(嘘)。この曲大好き。

ナディアという作品自体への思い入れはありません、ごめんなさい・・・


平成3年(1991年)


この道わが旅 / 団時朗DRAGON QUEST -ダイの大冒険-



DQ2のEDですね。こんな良い声出せる人になりたかったよ。

DQ2自体は未プレイですが、キャラバンハートを結構やっていたので思い出深いです。


平成4年(1992年)


動物園は大変だ / TUNE'S / クレヨンしんちゃん 



アニメ クレヨンしんちゃんが放送された年らしいです。まだ生きてないから当時は知らない。

今年6月、矢島晶子さんがクレヨンしんちゃん役を降板されました。

「いつものオラだぞ」いつ見ても泣いちゃう。 ありがとう・・・・・・


平成5年(1993年)


君が好きだと叫びたい / BAAD / SLAM DUNK 



この曲、僕が生まれる前の曲だったのか・・・

スラムダンク自体は再放送等で見てる方多そうで、同世代でも知ってる人が多い気がします。

僕は全然詳しくないです。


平成6年(1994年)


Wind Climbing 〜風にあそばれて〜 / 奥井亜紀 / 魔法陣グルグル



僕の生まれた年。

聴いてると泣けてきますね。。。名曲。

この曲自体はニコニコでアニソン聴きまくってた時期に知りました。


平成7年(1995年)


ゆずれない願い / 田村直美 / 魔法騎士レイアース



エヴァが放送してた年らしい。当時僕はバブバブ言ってたと思います。

アニメ見てないけど曲だけ知ってるシリーズ。

この曲もニコニコ漁ってた時代に無限に聴きました。


平成8年(1996年)


ウイニングラン!−風になりたい− / 山形ユキオ / 爆走兄弟レッツ&ゴー!!



この時期あたりから当時から耳に残ってる曲が多くなります。

同世代では爆走兄弟を少しでも知ってる人が全然いません。兄の影響を強く受けています。

僕はブロッケンGが好きでした。当時はたぶん語感が気に入ってたんだと思います。


平成9年(1997年)


ニャースのうた / ニャース(犬山犬子)  / ポケットモンスター



アニメ ポケットモンスター放送の年。

めざポケを敢えて逸らすのは僕の性格というか何というか。

当時は敵キャラ(?)であるロケット団のニャースが主題歌を担当することに、

小さい子なりに衝撃を受けていました。


平成10年(1998年)


IN MY DREAM / 真行寺恵里 / ブレンパワード 



カッコいい。 歌唱力の暴力を感じる一曲。

ちなみにですが、本家より先に野宮あゆみさんの歌ってみた動画で知りました。

アニメへの思い入れはありません・・・


平成11年(1999年)


Seven / 和田光司 / デジモンアドベンチャー



デジモンアドベンチャー放送の年ですね。

ファイル島のデジモン達がイカダ作りを手伝ってるときに流れてるBGMです。

tri.でこの曲が使われたのが非常に嬉しかったです。


平成12年(2000年)


200%のジュモン / team Le TAO / とっとこハム太郎



ハム太郎とっとこうたが有名ですが、当時ハム太郎を視聴していた方ならこの曲知ってるよね。

以外と知名度低くてしょんぼり。

ハムちゃんずで一番シコれるのはトラハムちゃんで。


平成13年(2001年)


My Tomorrow / AiM / デジモンテイマーズ



デジモン2曲目。全シリーズのEDだとこれが一番好き。

テイマーズはクルモンとテリアモンが可愛かったですね。


平成14年(2002年)


SECRET GARDEN / MADOKA / 劇場版ポケットモンスター 水の都の護神 ラティアスとラティオス



ポケモン2曲目。劇場版の挿入歌であり、とってもお洒落な一曲。

今時の言葉を使うなら、エモい! ポケモンの曲の中でも相当お気に入りです。


平成15年(2003年)


約束の場所へ / 米倉千尋 / カレイドスター



当時は見てなかったけど、僕の人生に大きく影響を与えた作品のOP。

カレイドスターは一生好きでいられるコンテンツなんだろうなぁ。


カレイドスター視聴済みの方へ。画質悪いですが。

 


平成16年(2004年)


be your girl / 河辺千恵子 / エルフェンリート 



大好き。てかこのアニメ2004年放送だったのか・・・。

当時小学4年生だった僕は、もちろんエルフェンリートを知っていません。

この年からなのは等が放送され始め、アニメオタク文化が少しずつ世間に認知されるようになったんじゃないでしょうか。


平成17年(2005年)


 晴れのちハレ! / 富田麻帆/ かみちゅ! 



アニメ見てないけど曲は知っているシリーズ。

爽やかで平穏で、どこか懐かしい感じがする、そんな一曲。

OPのクレジット好き。






平成18年以降はこちら



【VGC2018】ギガドリ重力催眠 ver 0.5.4

アローラ!w てゐくです。

先日Best of 3 Cup Summer に参加しました。

予選3−3で予選抜けはできませんでしたが、
思っていた以上に頑張れました。

以下、そのときに使ったパーティです。

ギガイアス  ドリュウズ
メガゲンガー アローラペルシアン
カプ・レヒレ  カプ・ブルル

ポケモンアイテムわざ1わざ2わざ3わざ4
ギガイアスさらさらいわいわなだれじゅうりょくだいばくはつまもる
ドリュウズジメンZじしんアイアンヘッドつるぎのまいまもる
ゲンガーゲンガナイトたたりめヘドロばくだんさいみんじゅつまもる
アローラペルシアンマゴのみイカサマねこだましさいみんじゅつちょうはつ
カプ・テテフこだわりスカーフサイコキネシスムーンフォースかみなりじゅうりょく
カプ・ブルルオボンのみウッドハンマーウッドホーンビルドアップまもる

見た目クッソ弱そう。。。



構築経緯


元々私が重力展開が好きで、
7世代でもやってみたいという想いからパーティを組み始めた。

パーティを組む際、経験に基づき以下の要員が必要であると判断した。
 ①重力始動
 ②相手の展開阻止
 ③重力化でのエース

①重力始動
重力を覚えるポケモン。
最低パーティに1体、1体だけでは物足りないときにもう1体追加したりする。

候補としてすぐ思いついたのが、
ヤミラミアイコンニャオニクス♂アイコン … 悪戯心+重力、最も信頼できる
霊獣ランドロスアイコン … 威嚇、重力+地面技、非重力下でも活躍が見込める
カプ・テテフアイコン … サイコフィールドで猫騙し対策、フィールド塗り替え

重力下で何がしたいか決めた後に、最適なものを採用したいため、現段階では保留。

②相手の展開阻止
こちらが重力をする際に、相手の追い風やトリックルーム等を許しやすく、
ただ重力するだけでは負け筋を作ってしまうことが多い。
そこで、こちらが重力展開すると同時に相手の様々な展開を阻止したい。

少なくともカミツルギよりは速く挑発を使用できるポケモンが欲しくなった。

ヤミラミアイコン 
重力始動と兼用でき、優秀な補助技を多く覚えるが、
サイコフィールド下で行動が制限されてしまい、対カプ・テテフ入りには出しにくい。

優先度にプラスが付くことがダメだと判断し、エルフーンアイコンの採用も見送り。バイバイ悪戯心草笛。
素早さが高くていい感じのポケモンを探していたところ、

ペルシアンアイコン 
猫騙し、S115族、挑発、催眠術、おまけに一致イカサマでメガメタグロスに対応できる等、
重力展開において最適なサポートポケモンを見つけてしまった。
強い要素を備えているアローラペルシアンを採用することに決定。

③重力下でのエース
催眠術や草笛を覚えるポケモン、高火力地面技を打てるポケモンが
重力下では普段以上に活躍できる。

メガゲンガーアイコン 
催眠術+祟り目、影踏み、気合玉。重力といったらコレ!みたいな感じ。
カプ・コケコやカプ・レヒレといった催眠術の障害になるポケモンに弱点を突けるため
ノータイムで採用決定。

ドリュウズアイコン 
砂嵐下で素早く高火力地面技を打てる。ペルシアンやゲンガーでは勝てないスカーフテテフに強い。
横のポケモンで催眠しながら剣の舞を積むのがシンプルに強そう。
Z技枠も余らせていることから地震にZ技を合わせるところまで決定。

ドリュウズを採用する場合、砂起こしのポケモンを合わせて考える必要があった。

ギガイアスアイコン 
7世代から砂を起こせるようになったポケモン。
物理特殊両面で耐久があり重力を覚えるため、①重力始動も合わせてもらうことにした。

これで4体の基本選出が完成。
先発: ギガイアスアイコンペルシアンアイコン
後発: メガゲンガーアイコンドリュウズアイコン

これでは雨パに弱そうだと思い、比較的雨パに強いポケモンで
経験則から催眠術と相性が良かったマリルリアイコン
フィールドを塗り替えられたらいいなくらいの感覚でカプ・ブルルアイコンを入れ、
v0.5.0みたいなのが完成。

しかし、オフ前々日くらいに
身代わりを持ったジャラランガがめちゃくちゃキツイことが判明し、
当時選出率の一番低かったマリルリを外し、カプ・テテフアイコンを急遽採用。

パーティ変更後の構築がまとまらないまま、オフ当日を迎えることに。


個別解説

面倒だったので実数値を割愛。

ギガイアスアイコン 
ギガイアス@さらさらいわ
特性:  すなおこし
性格:  いじっぱり
配分:  H244 A12 D252 ※最遅
技構成: いわなだれ、じゅうりょく、だいばくはつ、まもる
調整先: 控えめC252カプ・レヒレのだくりゅうミズZ耐え

重力始動枠。
重力ターンを無駄にせず、無償でドリュウズ等を出すため大爆発を採用。
基本的には重力展開後すぐ散ってもらうが、天候パ相手ではなるべく温存する。

上記の通り、砂が切れた後に再度天候を変えるプレイングは想定していないため、さらさら岩を持たせた。

後々気づいたが勇敢最遅である必要ないね。意地っ張りでOK。

ドリュウズアイコン 
ドリュウズ@ジメンZ
特性:  すなかき
性格:  いじっぱり
配分:  A252 D4 S252
技構成: じしん、アイアンヘッド、つるぎのまい、まもる
調整先: 特になし

重力下での地面技が強力なパーティのエース。
カプ・テテフやカプ・コケコに強く出れるため、7世代での重力パエースに適任だと感じた。
パーティ全体で見ると、ドリュウズに頼りすぎてる感が否めず、
ここを止められると構築全体が動きづらくなってしまう部分を、他の枠で解消したい。

地面Zでランドロスやボーマンダを駆逐するのめちゃくちゃ楽しい。

メガゲンガーアイコン 
ゲンガー@ゲンガナイト
特性:  のろわれボディ→かげふみ
性格:  おくびょう
配分:  H4 C252 S252
技構成: たたりめ、ヘドロばくだん、さいみんじゅつ、まもる
調整先: 特になし

無難に強い。
思考停止でCSに振り切ったが、HSベースのほうが強そう。
HP偶数やんけ・・・

ペルシアンアイコン 
アローラペルシアン@マゴのみ
特性:  ファーコート
性格:  ようき
配分:  H252 D4 S252
技構成: イカサマ、ねこだまし、さいみんじゅつ、ちょうはつ
調整先: 特になし

先にも述べたが、欲しい要素をたくさん備えてるポケモン。
ギガイアスの爆発やドリュウズの地震などに巻き込まれても長生きできるよう回復木の実を持たせた。

カプ・テテフアイコン 
カプ・テテフ@こだわりスカーフ
特性:  サイコメイカー
性格:  ひかえめ
配分:  C252 D4 S252
技構成: サイコキネシス、ムーンフォース、かみなり、じゅうりょく
調整先: 特になし

スカーフを持たせることでZ後のジャラランガに対応でき、ついでに重力始動も。
レヒレやテッカグヤがしんどそうなため雷を採用してみたが、使用したことがない。

配分について、最速コケコ抜かれも考えたが、
スカーフ霊獣ランドを抜いたほうが嬉しい場面が多いと思い、CSに振り切り。

スカーフで概ね問題ないと思うが、技を打ち分けれたらもっと強そうだなと思い、
ビビリだまを持たせて雷をサイコフィールドに変える案がある。

カプ・ブルルアイコン 
カプ・ブルル@オボンのみ

オフでは使用しなかった。ここの枠をもっと考える必要がある。

元々はスカーフで採用してたが、テテフに持たせる必要があった。
持ち物、技は正直決まっていないため、見せポケとしてパーティ入り。


選出

ほとんどのパーティ相手
先発: ギガイアスアイコンペルシアンアイコン
後発: メガゲンガーアイコンドリュウズアイコン

基本選出。グロス、マンダ系のパーティには強気にこれを出す。
相手のS操作を阻止できる並びを意識する。

理想的な展開としては、
1ターン目: ギガイアス重力、ペルシアン猫騙しor挑発
2ターン目: ギガイアス大爆発、ペルシアン催眠術 ドリュウズを出す
3ターン目: ドリュウズ剣の舞、ペルシアン催眠術orゲンガー交代
4ターン目以降は暴れる。

レヒレ入りには重力展開せず、ギガイアスでレヒレに削りを入れてから
後発のゲンガーやドリュウズで処理できるようにしたい。

対雨パーティ(特にルンパッパが入っている場合)
先発: ギガイアスアイコンペルシアンアイコン
後発: カプ・テテフアイコンドリュウズアイコン

ルンパッパの猫騙しと合わせて水技の試行回数を増やされるのがつらいため、
サイコフィールドで猫騙しを打たせないようにする。
動かし方について、ギガイアスを生かすため爆発しない部分以外は基本選出とほぼ同じ。

その他、相手のパーティに先制技持ちが多そうなときにこの選出をする。


雑感


正直なところ、7世代で重力催眠は無理!絶対勝てないと思っていました。

実際にレヒレ入りにはめっぽう弱く、上手な動かし方をされるとほぼ勝てない。
その他、スカーフカミツルギやスカーフ特殊ランドロス相手がつらい。

しかし、上記のポケモンがいないパーティには(初見殺し込みで)優位に立ち回れるため
構築相性じゃんけんに参加できそうなくらい強いコンセプトではないかと思いました。

尚、v0.5.0を含めてWCSレートでは使用してません。
SDレートは1500くらいで飽きた

御社オフレポート(2016/03~2016/09)

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物