第5回ABC使用構築および構築の反省

最近ブログ更新をさぼりがちですみません。

2月8日に開催したABCで使用した構築ですが、大正義オフで使用したものとほぼ同じです。
変更点は少しありますが、大正義のときと比較して不甲斐ない結果となりました(4戦4敗)。

↓こちらが大正義のときに使った構築です。
【大正義オフ×アリーナオフ使用構築】ヤミラミゲンガー【全国ダブル】

以下変更点および反省。

ヤミラミ
ヤミラミの技を鬼火→フェイントへ。B補正で配分はH252B124D136だったと思います(ガルドのシャドボ耐え残りB)。
守るによる重力や追い風ターン稼ぎの阻止としてフェイントを今回は採用。ヤミラミ対面で鬼火を嫌って物理アタッカーは退くことを想定したときに、「それじゃ鬼火撃つ機会なくね?wあとで催眠当てればいいし。」ってことになり、鬼火を切りました。

しかし、これが仇となったか、ヤミラミ対面で居座ってきた物理アタッカーに対し不利な場を展開されることが多かったです。「鬼火されてたらそのポケモン腐るじゃん」って言ってもまあ結果論だし、安定して展開することを考えたらやっぱり鬼火のほうが良かったです。

霊獣ボルトロス

ちからづくランド→珠霊獣ボルトへ変更。CSぶっぱ臆病。技について、雷と悩んだが重力切れたときを恐れたのと威力90でも十分火力があったためタイプ一致技に10万ボルト。ガルーラ縛りたいから2つ目は気合い玉、めざ氷個体を用意できなかったのとバナやモロバレルへの打点が欲しかったのを理由に3つ目にサイキネ、最後は守る。マーク縛りにより除外された化身ランドの代役として採用しました。

試合数が少ないのと選出回数が1回だったため、評価はなんともいえない。重力と合わせたときにメイン技に一貫性がつくランドロスのほうが使い勝手は良いのは勿論、よくよく考えたら重力下で相手のランドの地震で縛られることに気付き、この枠は見直したほうが良さそう。味方に地震が当たってしまうけど、物理アタッカー対策程度にも霊獣ランドでも良いのでは…。


変更点は以上。あと反省すべきことはプレイヤーのコンディションも良くしておくべきだった。オフ前日とかは十分な睡眠時間を取りたい。対戦中は違和感に気付かなかったけど、BV見返したらプレミ含め明らかにおかしい行動をしてた。また、構築ができたら以前使ったものと少しの変更点しかないとはいえ、何度か使用しておきたい。プレミをなくすことに繋がるので今後はさぼらないようにしたい。



XY→ORASへの移行における構築の使用感想

聞いたり見てる限りではガルーラと霊獣ランドばっかだなって思った。ORAS発売間もない頃はメガマンダが注目されてたけど、一線張れるくらいのスペックで、ファイアローの存在もあって更に飛行技が飛んでくるようになっただけで、そこまで大きく環境に影響してないみたいだった。シングルで図太いポリ2が増えたくらいの印象だった。

他の新規メガシンカもダブルではパッとしないものが多くて、噴火ドランと負けん気ボルトが消えただけのXYダブルなら重力催眠もまだまだいけるやろwって思ってた。

が、
メガミミロップ
このポケモンでかなり掻き乱される。肝っ玉猫とS135がつらい。
存在忘れてたみたいでアレだけどメガヤミラミも十分きつい。

思ったより逆風を受けてた。はい、反省会おわりー。クヨクヨタイムはいらないのでGSやってこうと思います。



今回の記事自体はかなり手抜きです。構築も手抜きです。次回ダブルやるときは別のコンセプトを使いたいです。

スポンサーサイト
 | ホーム | 

# 固定要素

ココに固定表示したい内容物


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。